赤ちゃん

赤ちゃんにも起こる便秘|症状を改善してお腹スッキリ

子供のお通じを改善

親子

綿棒浣腸と薬

赤ちゃんは、始めは1日のうちで何度もうんちをしますが、段々腸の機能が発達してくると、うんちを溜められるようになります。そして、離乳食が進んでくると、水分の摂取量が少なくなってくるため、便秘しやすくなります。ほとんどの場合は一時的な便秘ですが、何日も続くと不安になる人は少なくありません。月齢にもよりますが、3日程度赤ちゃんの便秘が続くようであれば、綿棒浣腸をするのが良いです。綿棒浣腸は、赤ちゃんを持つ親が病院に行かずに自宅で簡単にできる方法です。多くの人が行っている方法であり、やり方を調べておくと便利です。また、綿棒浣腸の他に赤ちゃん専用の便秘薬も有効です。薬と言っても、サツマイモなどの成分でできているので、安全に使えるのが人気の理由です。

悪くなる前に病院へ

綿棒浣腸は、人によっては上手く赤ちゃんにできないことがあります。また、あまり深くお尻に綿棒を入れてしまうと、赤ちゃんの腸を傷つけてしまうこともあります。上手く浣腸できない場合や、市販の薬で改善できない場合は、早めに小児科で診てもらうことが大切です。出来れば3日以上便秘が続いたら、診てもらうのが良いです。便は溜まれば溜まるほど、出にくくなります。病院で浣腸をしてもらったり、便を柔らかくする薬を処方してもらうことで、改善を図ることができます。便秘にしないためには、日頃から水分をこまめに摂ることが大事です。また意外と盲点なのが、室内温度です。特に夏場は、大人が少し肌寒いと感じる温度が赤ちゃんの過ごしやすい室温になりますので、注意すると良いです。

育児をするにあたって

座る幼児

赤ちゃんに水をあげるときは、ミネラルウォーターであれば殺菌してあるかなどを確認することが重要です。また、自宅などで水道水をあげる場合はしっかりと沸騰させてからあげましょう。そうすることで、赤ちゃんの下痢など避けてあげることができます。

» 詳細を読む

飲ませて安心のお水は

幼児

家まで届けられるウォーターサーバーは赤ちゃんのいる家庭では、高い人気があります。また、ウォーターサーバーを考えているなら比較検討や導入している人の口コミ情報などを参考に選ぶとお得に選ぶことができます。

» 詳細を読む

粉ミルクの利用に便利

赤ん坊

赤ちゃんがいて、その赤ちゃんを粉ミルクで育てている家庭では、ウォーターサーバーがあるとミネラルウォーターのお湯と水を利用できるので、粉ミルクから迅速に温度調節済みのミルクを作ることができて便利です。加えてウォーターサーバー用のストックの水は備蓄水にもなり得ますので、災害時の備えとしても有効です。

» 詳細を読む

Copyright© 2016 赤ちゃんにも起こる便秘|症状を改善してお腹スッキリ All Rights Reserved.